お好み焼きの本格的な作り方!必要な基本材料とその選び方

query_builder 2024/06/03 ディナー

この記事では、お好み焼きの基本的な材料とその選び方について詳しく考察します。自宅でおいしいお好み焼きを作りたいと思ったら、まずは基本の材料から始めましょう。役立つ情報が満載のこの記事をぜひチェックして、今日からお好み焼きマスターへの道を歩み始めてください。

京お好み焼き 笑福
ロゴ
豊富な地酒や焼酎などのアルコールメニューをご案内しており、特別なひとときを提供できるよう努めております。当店自慢のお好み焼きや鉄板焼きと共に、心温まるサービスを出町柳で提供しています。
京お好み焼き 笑福
住所:

〒606-8204

京都府京都市左京区田中下柳町13

電話番号:
075-751-9800

お好み焼きの基本的な材料とは

お好み焼きを作るとき、忘れてはならない基本的な材料があります。それらを適切に選んで使用することで、味わい深いお好み焼きが完成します。

小麦粉

お好み焼きの基本的な材料の1つである小麦粉について詳しく見ていきましょう。小麦粉はお好み焼きの生地作りに欠かせない存在です。基本的には中力粉がおすすめですが、小麦粉を選ぶ際にはいくつかのポイントに注意しましょう。

まず、小麦粉の種類ですが、中力粉が一般的に使われます。これは、力のあるグルテンを含んでおり、生地をしっかりとまとめる力があるためです。また、中力粉は程よい強力さと柔らかさがあり、お好み焼きにふんわりとした食感を与えてくれます。

ただし、中力粉以外の小麦粉でもお好み焼きは作ることができます。薄力粉や強力粉を使用することもありますが、その場合は水の量や粉の量を微調整する必要があります。薄力粉を使えば軽い食感になり、強力粉を使えばもっちりとした食感になります。

また、小麦粉はできるだけ新鮮なものを選ぶようにしましょう。賞味期限を確認し、香りや色が異常なく、しっかりとした粉質のものを選びましょう。開封後は湿気を避け、風味や品質が劣化しないように注意しましょう。

以上がお好み焼きの基本的な材料である小麦粉についてのポイントです。適切な小麦粉の選択と量の調整により、生地の食感や味わいが変わることを覚えておくと良いでしょう。次は、小麦粉に混ぜる水またはだしについて見ていきましょう。

水またはだし

お好み焼きの基本的な材料の1つである水またはだしについて考えていきましょう。小麦粉に混ぜる水またはだしは、お好み焼きの味を左右する重要な要素です。

まず、水の場合ですが、普通の水を使うことが一般的です。水の量は小麦粉の量に応じて調整しましょう。適切な水の量を加えることで、生地の粘りや切れが良くなり、仕上がりの食感も変わってきます。少しずつ水を加えながら、生地の状態を確認しながら調整しましょう。

一方で、だしを使用することもあります。だしを使うことで、お好み焼きに風味や奥行きのある味わいを与えることができます。代表的なだしとしては、昆布だしや鰹節だしがあります。自家製のだしを使う場合もありますが、市販のだしの素でも十分に美味しいお好み焼きが作れます。

また、だしを使用する場合は、水とだしの割合を考える必要があります。だしの風味が際立つようにしたい場合は、水を少なめにし、だしの割合を増やしてみましょう。逆に、軽い味わいのお好み焼きを作りたい場合は、水の量を増やし、だしの効果を控えめにすることもできます。

個々の好みやお好み焼きの種類によって、水とだしの使い分けや量の調整を行ってみてください。味の変化を楽しみながら、自分なりの美味しいお好み焼きを作り上げることができるでしょう。

これでお好み焼きの基本的な材料である小麦粉と水またはだしについての解説が完了しました。次は、お好み焼きの具材の選び方について見ていきましょう。

お好み焼きの具材の選び方

お好み焼きの具材は、その日の気分や季節によって変えるのも楽しいですね。しかし、基本的な内容を抑えることで、バラエティ豊かなお好み焼きを楽しむことができます。

キャベツ

お好み焼きの具材の中でも欠かせないキャベツについて詳しく考察していきましょう。キャベツはお好み焼きに爽やかな食感と甘みを加える重要な要素です。

お好み焼きに使用するキャベツは、新鮮で歯ごたえがあり、甘みを感じられるものを選ぶことがポイントです。キャベツは葉っぱの外側から内側へと甘みが増していくため、外側の葉っぱが苦味を感じる場合は取り除くと良いでしょう。

キャベツを使用する際には、葉を適切な大きさに切ることも大切です。一口大に切るか、細かく千切りにするかはお好みで選びましょう。一口大に切る場合は、食べやすさや具材とのバランスを考えて調整しましょう。千切りにする場合は、生地としっかりと混ぜ合わせることで、キャベツの水分と小麦粉が絡み合い、生地がしっとりとした食感になります。

また、キャベツの選び方には季節も関係してきます。春には特に旬のキャベツが多く出回りますので、その時期には特に美味しいキャベツを選ぶことができます。時期に合わせて、旬のキャベツを使ってお好み焼きを楽しんでみてください。

キャベツはお好み焼きの中でも重要な役割を果たします。その爽やかな食感と甘みは、お好み焼きの味わいを引き立てます。適切に選び、調理に取り入れることで、お店のようなおいしいお好み焼きを自宅で楽しむことができるでしょう。

これでキャベツについての解説が完了しました。次は、豚バラスライスについて見ていきましょう。

豚バラスライス

お好み焼きの具材の中でも、ジューシーな豚バラスライスは欠かせない存在です。豚バラスライスはお好み焼きの味の要となりますが、選び方や使い方にはいくつかのポイントがあります。

まず、豚バラスライスの選び方ですが、脂身と赤身のバランスが良いものを選ぶことが重要です。適度な脂身があることで、お好み焼きにコクと深みを加えてくれます。また、赤身の部分は食べ応えがあり、ジューシーな味わいを楽しむことができます。スーパーや精肉店で品質の良い豚バラスライスを選ぶようにしましょう。

豚バラスライスの使い方には、いくつかの方法があります。一般的には生のままお好み焼きの生地の上にのせて焼きますが、香ばしく仕上げたい場合は、事前に軽く焼いてからお好み焼きに加える方法もあります。焼く際には、脂身がしっかりと溶け出すまで焼き、香りと味わいを引き出すようにしましょう。

また、豚バラスライスを用意する際には、厚さにも注意しましょう。厚すぎると火の通りが悪くなったり、焼き時間が長くなったりすることがあります。適度な厚さにスライスすることで、焼きムラが少なくなり、お好み焼き全体の調理がスムーズに行えます。

豚バラスライスはお好み焼きにとって重要な役割を果たします。適切に選び、調理に取り入れることで、お好み焼きに奥行きと美味しさを与えることができます。ぜひ、新鮮で品質の良い豚バラスライスを選んで、自宅で本格的なお好み焼きを楽しんでみてください。

これで豚バラスライスについての解説が完了しました。次は、トッピングの選び方について見ていきましょう。

トッピングの選び方

具材を選んだら、次はトッピングの選択です。お好み焼きの完成度を高めるための、重要なステップを見ていきましょう。

ソース

お好み焼きのトッピングとしておなじみの一つが、甘辛いソースです。ソースはお好み焼きの主役とも言える存在であり、その選び方にはいくつかのポイントがあります。

まずはソースの粘度です。ソースの粘度によって、お好み焼きの味わいが変わってきます。例えば、とろみのあるソースは濃厚な味わいを楽しむことができます。一方で、さっぱりとしたソースは食べやすく、お好み焼きの主張しすぎない味に仕上げることができます。それぞれの好みやお好み焼きのバリエーションに合わせて、適切な粘度のソースを選びましょう。

次に風味に注目しましょう。ソースには様々な風味があります。一般的には甘辛い味わいのソースが一般的ですが、中には辛味が加わったソースや、酸味が効いたソースなどもあります。自分の好みやお好み焼きの味に合わせて、風味のバリエーションを楽しんでみてください。

また、ソースの原材料にも注目しましょう。ソースにはさまざまな原材料が使用されており、それぞれ異なる味わいを持っています。一部のソースには化学調味料や添加物が使用されていることもありますが、自然素材を使用したものや手作りのソースも市場には存在します。品質や健康を意識する方は、原材料にこだわったソースを選ぶことがおすすめです。

最後に、ソースの使い方も重要です。ソースをかけるタイミングや量によって、お好み焼きの味わいが変わってきます。多めにかけると濃厚な味わいになりますが、控えめにかけると具材の味が引き立ちます。自分の好みやお好み焼きのバランスに合わせて、適切にソースを使いましょう。

ソースはお好み焼きの一番のお供であり、その選び方や使い方に工夫を加えることで、さらなる味わい深さを楽しむことができます。お好み焼き好きにとって、おいしいソースとの相性も料理の楽しみのひとつです。

これでソースについての解説が完了しました。次は、お好み焼きのもう一つのトッピング、マヨネーズについて見ていきましょう。

マヨネーズ

お好み焼きのもう一つの定番トッピングであるマヨネーズについて考察していきましょう。マヨネーズはお好み焼きにアクセントを加える存在であり、口どけの良い特徴的な味わいをもたらします。

マヨネーズは、そのクリーミーさとまろやかな風味が特徴です。お好み焼きにかけることで、なめらかな口当たりとマイルドな味わいが広がります。マヨネーズは、お好み焼きの他にも、たこ焼きや焼きそばなど、様々な料理にも好相性です。

マヨネーズの選び方には、いくつかのポイントがあります。まず、口どけの良さを求める場合は、特にこだわりのあるマヨネーズを選ぶことをおすすめします。マヨネーズには市販品や有名ブランドのもの、手作りのものなど、さまざまな種類があります。自分の好みや予算に合わせて、適切なマヨネーズを選びましょう。

また、マヨネーズの使い方にも工夫ができます。まずは、量の調節です。多めにかけるとマヨネーズの風味が引き立ち、クリーミーさが際立ちます。逆に控えめにかけると、マヨネーズのまろやかな味わいがお好み焼きの具材とのバランスを大切にしながら、引き立てる効果を発揮します。

さらに、マヨネーズをアレンジすることもおすすめです。たとえば、にんにくを加えたり、香味野菜のすりおろしを混ぜたりすることで、風味や味わいを追加することができます。自分だけの特製マヨネーズを作って、お好み焼きにアクセントを与えてみてください。

マヨネーズは、お好み焼きにクリーミーさとまろやかさをもたらすトッピングとして重要な役割を果たします。適切なマヨネーズの選び方や使い方、さらにはアレンジ方法を取り入れることで、お好み焼きの味わいを更に豊かにすることができます。

これでマヨネーズについての解説が完了しました。次は、基本レシピと工夫点について見ていきましょう。

基本レシピと工夫点

後は、基本的なレシピに沿って料理を進めます。では、おいしいお好み焼きを作るための基本レシピとその工夫点について見ていきましょう。

基本レシピの流れ

お好み焼きの基本的なレシピを学ぶために、まずは基本の流れを見ていきましょう。以下にお好み焼きを作る一般的な手順をご紹介します。

まず、材料を用意します。材料としては、先程解説した小麦粉、水またはだし、具材としてキャベツや豚バラスライスなどが必要です。基本的な材料の選び方についても前述しましたが、お好み焼きのバリエーションや好みに合わせてアレンジしても構いません。

次に、小麦粉と水またはだしを混ぜ合わせます。小麦粉をボウルに入れ、少しずつ水またはだしを加えながら、しっかりと混ぜ合わせます。ここでは、適切な水またはだしの量を加えることが重要です。生地が均一に混ざり合い、滑らかでとろみのある状態になるようにしましょう。

次に、キャベツや豚バラスライスなどの具材を生地に加えます。キャベツは一口大に切ったり、千切りにしたりして生地に混ぜ込みます。豚バラスライスも生地の上にのせましょう。この時、具材を均等に分布させることで、お好み焼きの味と食感が均一になるように工夫しましょう。

生地と具材をしっかりと組み合わせたら、フライパンや鉄板を温めます。温めたフライパンに生地を流し入れ、平たく形を整えます。焼く際には、火加減に気をつけながら裏返し、両面をじっくりと焼きます。焼き方は各自の好みによって異なるかもしれませんが、焦げ目がつくまでじっくりと焼くことで香ばしさが増します。

基本のお好み焼きの完成です。この基本の流れに沿ってお好み焼きを作れば、美味しいお好み焼きが完成するでしょう。ただし、一工夫を加えることでより一層の美味しさを楽しむことができます。

これから、基本の流れを覚えたら、次はお好み焼きの焼き方のポイントについて見ていきましょう。焼き方ひとつでもお好み焼きの仕上がりに大きな影響を与えますので、しっかりと押さえておきましょう。

お好み焼きの焼き方のポイント

お好み焼きの焼き方にはいくつかのポイントがあります。焼き方ひとつでもお好み焼きの仕上がりに大きな影響を与えるため、以下に焼き方のポイントをまとめました。

まず、適切な温度で焼くことが重要です。フライパンや鉄板を温める際には、中火から中高火にかけて加熱すると良いでしょう。強火では表面が焦げ付きやすく、中までしっかりと加熱されないことがあります。逆に弱火では生地がパサついてしまう可能性があります。適切な温度でじっくりと焼くことで、お好み焼きの中までしっかりと火を通し、外側は香ばしく中はふんわりと仕上げることができます。

次に蓋の使い方です。フライパンや鉄板に蓋をかけることで、内部のお好み焼きを蒸し焼きにすることができます。蓋をすることで火が通りやすくなり、中まで均等に火を通すことができます。また、蓋をしている間にお好み焼きがふんわりと膨らみ、より食感が良くなります。

焼いている最中にお好み焼きを押さえることもポイントです。ひっくり返す前に、お好み焼きの上部を軽く押さえることで、均等に焼き上げることができます。また、押すことで中までしっかりと火が通り、ふんわりとした食感を出すことができます。

焼き終えたお好み焼きは、ソースやマヨネーズなどのトッピングをのせて完成です。

これらのポイントを意識しながらお好み焼きを焼くと、外はカリッと香ばしく、中はふんわりとした食感が楽しめるでしょう。焼き方のコツを掴んで、自分好みのお好み焼きを作り出してください。

これでお好み焼きの基本レシピと焼き方のポイントについての解説が完了しました。次は、一工夫で楽しむお好み焼きのアイデアについて見ていきましょう。

一工夫で楽しむお好み焼き

基本の材料とレシピをもとに、一工夫加えるとお好み焼きはもっと楽しく、美味しくなります。一体どのような工夫があるのでしょうか。

アレンジレシピ

お好み焼きをもっと楽しみたい方におすすめのアレンジレシピをご紹介します。基本のレシピから一歩踏み出し、新しい味わいや食材の組み合わせを試してみましょう。

まずは、具材のアレンジです。キャベツや豚バラスライス以外の具材を追加することで、お好み焼きのバリエーションを広げることができます。例えば、海鮮を使ったお好み焼きは人気があります。イカやエビ、ホタテなどの魚介類を加えることで、さっぱりとした味わいや新しい食感が楽しめます。また、チーズやベーコンをトッピングすることで、コクとまろやかさが加わります。

次に、調味料のアレンジです。ソースやマヨネーズ以外の調味料を利用することで、お好み焼きの味を変化させることができます。例えば、辛味噌やオイスターソース、和風のたれなどを使うことで、より風味豊かなお好み焼きを作ることができます。自分好みの調味料を選んで、お好み焼きの味にアクセントを加えてみてください。

さらに、トッピングのアレンジも楽しいです。例えば、紅ショウガや青のり、大葉などの薬味をのせることで、お好み焼きの風味や彩りを引き立てることができます。また、マヨネーズに少し醤油を混ぜたり、ソースにお酢を加えるなど、調味料の組み合わせを変えることでもアレンジの幅が広がります。

お好み焼きのアレンジレシピは無限にあります。自分の好みや食材のバリエーションに合わせて、新しい発見を楽しんでみてください。アレンジを加えることで、よりお好み焼きを創造的に楽しむことができます。

これでお好み焼きのアレンジレシピについての解説が完了しました。次は、基本的な材料の変更について見ていきましょう。基本の材料をちょっと変えるだけでも、お好み焼きの味わいがガラッと変わりますので、ぜひ試してみてください。

材料の変更

お好み焼きの材料をちょっと変えるだけでも、全く新しい味わいのお好み焼きを楽しむことができます。基本の材料をアレンジすることで、季節の変化や個々の好みに合わせた美味しいお好み焼きを作り出すことができます。

例えば、小麦粉を小麦粉の代わりに米粉やそば粉を使用すると、グルテンフリーのお好み焼きが作れます。これにより、小麦アレルギーやグルテンに敏感な方でも安心して楽しむことができます。

また、水またはだしの代わりに野菜ジュースや牛乳、豆乳を加えることもできます。野菜ジュースを使えば、お好み焼きにさらなる栄養を取り入れることができますし、牛乳や豆乳を加えることで、しっとりとした美味しい食感を楽しむことができます。

具材に関しても、キャベツや豚バラスライス以外のものを使ってアレンジすることができます。例えば、ほうれん草やにんじん、しいたけなどの野菜を加えると、さらに栄養価の高いお好み焼きを作ることができます。また、魚介類やチーズ、ベーコンなどの追加も、お好み焼きの味わいを豊かにする方法です。

基本の材料をちょっと変えるだけでも、お好み焼きの味わいやバリエーションは広がります。季節の野菜や自分の好みに合わせて、アレンジの幅を広げてみてください。自分だけのオリジナルなお好み焼きを作り、新たな発見を楽しんでください。

これで基本材料の変更についての解説が完了しました。次は、お好み焼きの保存方法について見ていきましょう。お好み焼きは作り置きができる料理ですので、適切な保存方法を知っておくことが大切です。

お好み焼きの保存方法

お好み焼きは、作り置きが可能な料理でもあります。適切な保存方法で、いつでも美味しいお好み焼きを楽しむことができます。

冷蔵保存

お好み焼きを作り置きしておく場合、適切な保存方法を知っておくことが重要です。まずは、冷蔵保存について見ていきましょう。

お好み焼きを冷蔵保存する際には、以下のポイントに注意しましょう。

まず、焼いたお好み焼きを冷ますことが大切です。完全に冷めるまで放置すると、内部の熱が逃げてしまうため、お好み焼きがパサついてしまう可能性があります。

次に、保存容器やラップを使用して、お好み焼きを密閉する必要があります。密閉することで空気や湿気を避けることができ、お好み焼きの鮮度を保つことができます。ラップでくるむ際には、お好み焼きがつぶれないように注意しましょう。

冷蔵保存の場合、基本的に風味や食感が劣化する可能性があるため、なるべく早めに食べるようにしましょう。

また、お好み焼きを再加熱する際には、必ず十分に加熱してから食べるようにしましょう。中までしっかりと加熱することで食材の安全性を確保し、美味しさを引き出すことができます。

冷蔵保存によって、いつでもお好み焼きを手軽に楽しむことができます。ただし、保存期間や再加熱の際には注意が必要です。衛生面や食材の状態に留意しながら、美味しいお好み焼きを楽しんでください。

これで冷蔵保存についての解説が完了しました。次は、お好み焼きの冷凍保存について見ていきましょう。もし冷凍保存を希望する場合、注意点がありますのでしっかり理解しましょう。

冷凍保存

お好み焼きを冷凍保存する際には、以下のポイントに留意することが重要です。

まず、焼きたてのお好み焼きを完全に冷ますことが大切です。冷凍する前に、内部の熱が逃げていくのを防ぐためです。

次に、保存容器や適切なラップでお好み焼きを包みます。密閉容器やジップロックバッグなどを使用し、空気や水分をシャットアウトするようにしましょう。ラップで包む際には、お好み焼きがつぶれないように注意しましょう。

焼きたてのお好み焼きを冷凍する場合、保存期間はおおよそ1か月程度が目安です。1か月を超える場合は、風味や食感が劣化する可能性がありますので、なるべく早めに食べることをおすすめします。

解凍する際には、冷凍庫から取り出し、冷蔵庫でゆっくりと解凍することがポイントです。急速に解凍すると、お好み焼きの水分が逃げてしまい、パサついた食感になる可能性があります。解凍後は再加熱をしてから食べるようにしましょう。また、解凍したお好み焼きはなるべく早めに食べることをおすすめします。

冷凍保存によって、お好み焼きを長期間保存することができます。ただし、解凍や再加熱の際には十分な注意が必要です。美味しいお好み焼きを楽しむためにも、衛生面や食材の状態に留意しながら適切に保存してください。

これで冷凍保存についての解説が完了しました。お好み焼きを常備しておくことで、忙しい日や食事のときの手軽な選択肢として活用できます。次は、まとめとしてお好み焼きの楽しみ方について見ていきましょう。

まとめ

お好み焼き作りは、基本的な材料選びから焼き方、保存方法まで、さまざまな要素が重なる楽しい料理です。

基本材料とその選び方を理解する

お好み焼きを作る際には、基本材料とその選び方を理解することが大切です。小麦粉や水またはだし、キャベツや豚バラスライスなど、基本的な材料の選び方に注目しましょう。

小麦粉はお好み焼きの生地作りに欠かせない材料です。中力粉が一般的ですが、薄力粉や強力粉を使用することもできます。自分の好みや季節、食感に合わせて適切な小麦粉を選ぶことが重要です。

水またはだしは小麦粉と混ぜる際に使います。水のほかにも、昆布だしや鰹節だしなどを加えることで風味が増します。どちらを使用するかは個人の好みによるものですが、お好み焼きの味わいに合わせて選ぶと良いでしょう。

具材の選び方も大切です。キャベツは新鮮で甘みを感じられるものを、豚バラスライスは脂身と赤身のバランスの良いものを選びましょう。季節や自分の好みに応じて使う具材を変えることも楽しみの一つです。

基本材料の選び方を理解することで、お好み焼きの味わいや食感をコントロールできます。小麦粉や水またはだし、キャベツや豚バラスライスなど、各材料の特性や相性を理解し、自分なりのお好み焼きのバランスを見つけましょう。

これで基本材料とその選び方についての解説が完了しました。次は、お好み焼きの一工夫について見ていきましょう。基本のレシピを覚えたら、アレンジや工夫を加えることでさらに楽しいお好み焼きの世界が広がります。

一工夫加えて楽しむ

基本のお好み焼きのレシピを覚えたら、後は一工夫加えることでさらなる楽しみが生まれます。例えば、アレンジレシピに挑戦してみることです。

基本のレシピにアレンジを加えることで、新たな発見や驚きがあります。具材を変えたり、調味料を追加したりすることで、お好み焼きの個性や風味を引き立てることができます。季節の食材や自分の好みに合わせて、自由にアレンジを楽しんでみてください。

また、レシピの工夫もお好み焼きを楽しむポイントです。生地にお好みのスパイスやハーブを加えたり、具材を偏らせたりすることで、よりオリジナリティのあるお好み焼きを作ることができます。自分の好みや想像力を活かして、自由な発想でお好み焼きを楽しんでみましょう。

一工夫を加えることで、お好み焼きはさらに楽しくなります。オリジナルのアレンジや工夫を試してみて、自分だけの特別なお好み焼きを作り上げましょう。新しい組み合わせや味わいの発見は、料理の楽しみをさらに広げることにつながるでしょう。

基本のお好み焼きを覚えたら、ぜひ一工夫を加えて楽しみながら、自分だけのお好み焼きレパートリーを作り上げてください。

これで一工夫加えて楽しむお好み焼きについての解説が完了しました。最後にお好み焼き作りを楽しんでみてください。自宅でのお好み焼き作りは、基本材料から焼き方、アレンジまで、さまざまな要素が重なる楽しい料理です。ぜひ自分だけのお好み焼きを作り出し、新たな発見を楽しんでください。

最後に

これまでお伝えした内容をもとにお好み焼き作りを楽しんでみてください。

自宅でのお好み焼き作りの楽しみ

自宅でお好み焼きを作る楽しみは何と言っても、基本材料から焼き方まで自分で手探りしながら作り上げることです。自宅ならではの雰囲気で、家族や友人と一緒に楽しんだり、自分の好みに合わせてアレンジできたりすることが醍醐味です。食材の選び方や焼き方、さらにアレンジの可能性を探求しながら、お好み焼き作りの喜びを体験してください。

お好み焼き作りの新たな発見

お好み焼き作りの醍醐味は、常に新たな発見があることです。自宅でのお好み焼き作りを通じて、いつもとは違った味わいや組み合わせ、工夫点を見つけることができます。新しい具材の組み合わせや調味料の使い方、焼き方の工夫など、自分の好みやクリエイティビティを活かして、お好み焼きの可能性を広げましょう。また、家族や友人と一緒に試行錯誤することで、料理の楽しさや絆も深められます。自宅でのお好み焼き作りは、自分自身が料理の主人公となり、新たな発見を追求できる特別な時間です。ぜひ積極的に試してみて、お好み焼き作りの喜びと新たな味わいを探求してください。

京お好み焼き 笑福
ロゴ
豊富な地酒や焼酎などのアルコールメニューをご案内しており、特別なひとときを提供できるよう努めております。当店自慢のお好み焼きや鉄板焼きと共に、心温まるサービスを出町柳で提供しています。
京お好み焼き 笑福

〒606-8204

京都府京都市左京区田中下柳町13

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG